全重賞を複勝1点で勝負していたらを検証してみた

結果

このブログでは馬券生活に挑戦し失敗した男が再挑戦を目指し予想や買い目等を紹介していきます。
発走前日の新聞購入時に掲載されている1番人気は本命にはしません。

私は普段、馬連と3連単で馬券を購入しているのですが、ここ最近私の本命が3着の事が多いと感じており、全レース複勝1点で買っていたら収支はどうなっているのだろうと気になったので調べてみました。

2022年の本命と複勝オッズ

本命と的中していたら複勝オッズを羅列していきます。

ロザムール(中山金杯
ステルヴィオ(京都金杯
ソリタリオ(シンザン記念)複勝170円
ライラック(フェアリーステークス)複勝260円
ルビーカサブランカ(愛知杯)複勝370円
ロジハービン(京成杯)複勝350円
クラヴェル(日経新春杯
アサマノイタズラ(アメリカジョッキークラブカップ
オーヴェルニュ(東海ステークス)複勝150円
テイエムサウスダン(根岸ステークス)複勝390円
カレンモエ(シルクロードステークス
カラテ(東京新聞杯)複勝140円
アスクワイルドモア(きさらぎ賞
モズゴールドバレル(クイーンカップ
ジオグリフ(共同通信杯)複勝160円
レッドジェネシス(京都記念
アンティシペイト(ダイヤモンドステークス
タンタラス(京都牝馬ステークス)複勝200円
アルクトス(フェブラリーステークス
スーパーフェザー(小倉大賞典
ダノンザキッド(中山記念
ダイアトニック(阪急杯)複勝150円
ビアンフェ(オーシャンステークス)複勝290円
ナミュール(チューリップ賞)複勝120円
ボーンディスウェイ(弥生賞)複勝400円
ドナアトラエンテ(中山牝馬ステークス
アドヴァイス(フィリーズレビュー
サンレイポケット(金鯱賞
デヴィルズマーブル(ファルコンステークス
ソリタリオ(スプリングステークス
キングオブドラゴン(阪神大賞典
ダイム(フラワーカップ
ウインキートス(日経賞
テンダンス(毎日杯
シャインガーネット(高松宮記念
ヒストリーメイカー(マーチステークス)複勝140円
ギルデッドミラー(ダービー卿チャレンジトロフィー
レイパパレ(大阪杯)複勝420円
ジャングロ(ニュージーランドトロフィー)複勝220円
クリスティ(阪神牝馬ステークス
ナムラクレア(桜花賞)複勝400円
ジュンブロッサム(アーリントンカップ
ジオグリフ(皐月賞)複勝240円
カデナ(アンタレスステークス
クリノプレミアム(福島牝馬ステークス)複勝360円
エリカヴィータ(フローラステークス)複勝380円
ソウルラッシュ(マイラーズカップ)複勝280円
オウケンボルト(青葉賞
タイトルホルダー(天皇賞春)複勝180円
ボルドグフーシュ(京都新聞杯)複勝320円
ダノンスコーピオン(NHKマイルカップ)複勝260円
ヤシャマル(新潟大賞典)複勝290円
ギルデッドミラー(京王杯スプリングカップ
レシステンシア(ヴィクトリアマイル)複勝360円
メイショウハリオ(平安ステークス)複勝200円
スタニングローズ(オークス)複勝730円
ブレスレスリー(葵ステークス)複勝230円
イクイノックス(日本ダービー)複勝150円
パラダイスリーフ(目黒記念

検証結果

的中率 59レース中30レース
的中合計金額 8,310円
回収率 140.8%

馬券生活について

私が以前、馬券生活に挑戦した際の開始時点の所持金は約70万円でした。
収入は一切無く、家も無かった為、安いホテルを連泊しながら各地を移動していました。

毎週土曜、日曜と各10万円までと決めて勝負を開始し、3ヶ月程で資金が無くなり諦める結果となりました。(初週にかなりのプラス収支でしたが、そこからはじわじわと減っていく一方)

生活していくうえで月に20万円程度はどうしても必要です。
今回検証した複勝1点勝負だと回収率は140%と中々の数字だと思いますが、生活費を稼ぐと考えると1点10万円以上の勝負じゃないと複勝で成り立たせるのは難しいと思います。
しかし一番的中する確率が高いのも複勝なので、馬券生活に挑戦する際には最初にそれなりの金額を持って始めれば充分可能なのではないでしょうか。(それなりの金額を貯めるのが大変ですが…)

また1年間の予想が終わった頃に複勝結果を検証してみたいと思います。
時間があれば他の券種での検証もしていきます!

それなりの金額を貯めるまでには結構な時間がかかりそうなので再挑戦はまだまだ先かな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました