2022年 みやこステークス(G3)予想

予想

このブログでは馬券生活に挑戦し失敗した男が再挑戦を目指し予想や買い目等を紹介していきます。
発走前日の新聞購入時に掲載されている1番人気は本命にはしません。

2021年ブログ掲載予想最終成績
馬券的中率(9/31)29%
本命複勝的中率(15/31)48%

2022年本命実績(過去10レース分)
◎シルヴァーデューク 3番人気3着(サウジアラビアロイヤルカップ
◎ポタジェ 7番人気6着(毎日王冠
◎ウインマイティー 3番人気3着(京都大賞典
◎ローザノワール 9番人気15着(府中牝馬ステークス
◎アートハウス 4番人気5着(秋華賞
◎セリフォス 1番人気1着(富士ステークス
◎ボルドグフーシュ 7番人気2着(菊花賞
◎ミシシッピテソーロ 5番人気9着(アルテミスステークス
◎ヴァトレニ 8番人気9着(スワンステークス
◎シャフリヤール 2番人気5着(天皇賞秋

出走馬(人気は前日新聞掲載時)

①サクラアリュール 56藤岡康 14番人気
②タガノディアマンテ 56松若 7番人気
③オメガパフューム 59横山和 3番人気
④アイオライト 56鮫島駿 13番人気
⑤ウィリアムバローズ 56横山武 2番人気
⑥メイショウフウジン 56酒井 9番人気
⑦メイショウドヒョウ 56太宰 16番人気
⑧ハピ 54横山典 1番人気
⑨タイセイドレフォン 54川田 5番人気
⑩ブリッツファング 56池添 6番人気
⑪アメリカンフェイス 56今村 10番人気
⑫ハギノアレグリアス 56福永 4番人気
⑬ヴァンヤール 56団野 15番人気
⑭サンライズホープ 56幸 12番人気
⑮クリンチャー 57藤岡佑 8番人気
⑯ヒストリーメイカー 56小沢 11番人気

調教評価

S評価 該当無し

A評価 該当無し

B+評価 ④⑤⑦⑧⑨⑩⑭

B評価 ②③⑥⑪⑫⑬⑮⑯

B-評価 該当無し

C評価 該当無し

D評価 ①

消去過程/過去傾向

・無条件で該当馬消去

過去10年、前走オープンで10着以下(0_0_0_10)
該当馬 ⑦⑪

・調教評価によって消去検討(●は該当するが残し)

過去10年、前走重賞で6着以下(0_0_2_28)
該当馬 ②❹⓮⑯

・調教不安で消去

該当馬 ①

予想印・買い目

消去対象にならなかった馬を調教、陣営のコメント等を中心にグループ分け。
Aグループ(本命候補)⑤⑨ Bグループ(相手候補)③❹⑥⑧⑩⑫⑬⓮⑮

◎ウィリアムバローズ
ダートに舞台を移してからは7戦全てで連対。叩き2走目の上積みもありそうで、今後に向け賞金加算したいところ。

〇タイセイドレフォン
ハピの方が人気しているが、前走のレパードステークスでは人気も着順もこちらの方が上。

▲オメガパフューム
斤量59㎏で目標は次だろうが、阪神ダートでこの馬を買わないのは勇気がいる。圧倒的実績最上位。

△ハピ
前走のシリウスステークスで本命にしたが、メンバーは今回の方が揃っている。ただ展開は向きそう。

△ハギノアレグリアス
長期休養明けからオープンで4着、1着。ポテンシャルは間違いなく高い。

△ブリッツファング
3歳馬3頭の中で実績は最上位。ただ2㎏の斤量差があるので判断が難しい。

馬連(6点) ◎→〇▲△ 〇→▲
3連単(16点) ◎→〇▲→〇▲△ 〇▲→◎→〇▲△

まとめ

ダート界を牽引してきたオメガパフュームとウィリアムバローズや3歳勢の新興勢力との比較が難しいレース。
今年のダート3歳勢はかなり強いと思っているのでとても楽しみです!

楽しみと言えば初ダートのタガノディアマンテも!適性は分かりませんがまだやれると思っています。

私は地方のレースは買っていないのでクリンチャーの近況があまりよくわかりませんが、まだ全然やれるのかな??

今週から予想印部分の書き方を変更しました。前の方が見やすかったらすいません。

最強競馬ブログランキングがinポイント反映しないのでバナーは省きます。


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました