競馬場コース毎の特徴/クラス別基準タイム

その他

各競馬場のコース毎の特徴をまとめました。
自分の予想用にまとめていますので、私が必要だと思った特徴のみの記載となっております。

距離、クラス別に独自の基準タイムを追記します。2歳戦があるクラスは基準タイムが遅くなる部分も有りますが、ある程度レースレベルの参考までに。オープン、リステッドはまとめています。

地方競馬の情報も随時更新していきます。

東京コース特徴(左回り)

芝=直線525.9m、高低差2.7m。1角途中から向こう正面まで下り→下りきると向こう正面真ん中に上り坂があり向こう正面後半から3角中ほどまで下り→下りきると直線の坂までは緩い上り勾配→最後の直線は残り460mから160mで2mの上り坂→ラスト300m平坦。
ダート=直線501m、高低差2.5m。最後の直線は300mで2.5mの上り坂→ラスト200m平坦。直線の坂は芝コースより長く、高低差は芝より大きい。道中の上り下りは芝コースを緩くした作りで、3角中ほどから直線まで緩い上り勾配となっていた部分はダートでは平坦となる。

芝1400m(新1:23.5 未1:22.0 ①1:21.4 ②1:21.1 ③1:20.8 op1:20.8 重賞1:20.3)
最初のコーナーまでの距離は約342m。スタートしてすぐに上り下りの起伏。短距離戦にしては珍しく後傾ラップになりやすいコースで直線の瞬発力勝負になりやすい。開催初週の逃げ馬には注意。

芝1600m(新1:36.2 未1:34.7 ①1:33.9 ②1:33.7 ③1:33.1 op1:33.0 重賞1:32.5)
最初のコーナーまでの距離は542m。スタート直後は緩やかな下りになっており3コーナーまでの距離も長い為ペースは上がりやすい。直線での瞬発力が大事な事は前提でクラスが上がるにつれて前半の速いペースへの対応も大事になる。

芝1800m(新1:50.8 未1:48.1 ①1:47.4 ②1:47.2 ③1:46.7 op1:46.5 重賞1:45.9)
2コーナー付近のポケットからスタートしてすぐ斜めにコーナーへ入るため外枠先行馬は位置取りが難しい。向こう正面合流までの距離は約150m。前半のペースは落ち着きやすく前残り馬場では逃げ先行馬がしぶとく、基本は瞬発力が求められる。

芝2000m(新2:03.3 未2:01.3 ①2:00.4 ②2:00.2 ③1:59.4 op1:58.8 重賞1:58.1)
1、2コーナー奥の専用スタートから始まるコーナー3回のコース。スタートから本線合流のカーブまで約100mで向こう正面までは約200m。最初のコーナーまでの距離は長くないがカーブはゆったりしておりスピードを落とさず回れる為、向こう正面半ばまで先行争いが続くことも有り外枠先行馬はロスが大きくなりやすい。1800m同様に基本は瞬発力が重要も後傾ラップでの前残りにも注意は必要。

芝2300m(未2:21.4 ①2:20.0)
最初のコーナーまでの距離は約250m。基本は下級条件しか行われないコースでスローペースの前残りになりやすい。もちろん直線での瞬発力も大事。

芝2400m(未2:27.6 ①2:27.0 ②2:26.2 ③2:25.4 op2:24.7 重賞2:24.1)
スタンド前の坂途中からスタートし1コーナーまでの距離は約350m。坂スタートもありペースは落ち着きやすく直線での瞬発力勝負になりやすい。

芝2500m(重賞2:31.2)
2400mより100m手前からのスタートになる為、直線の坂を2回登る事になる。1コーナーまでの距離は450m。距離以上にタフなコースで2400mと比べ長距離色が一気に強くなる。

芝3400m(重賞3:30.6)
最初のコーナーまでの距離は約250m。コースを1週半するレイアウトでゴール前の長い坂2度を含め上り下りを繰り返すスタミナが問われる舞台。長距離でも直線の瞬発力はある程度求められる。

ダート1300m(新1:19.9 未1:19.7 ①1:18.5 ②1:17.8 ③1:17.6)
最初のコーナーまでの距離は約340mで外枠から逃げる事は難しいコース。1400mと比較すると短距離色の強いコースで基本は前傾ラップとなる。好位から脚を伸ばしていけるタイプが好成績。

ダート1400m(新1:26.5 未1:25.9 ①1:24.7 ②1:24.0 ③1:23.4 op1:23.1 重賞1:22.9)
最初のコーナーまでの距離は440m。ダートスタートのコースだがペースは流れる事が多く、スピードだけで押し切るのは難しいコース。直線が長い事から末脚の持続力、速い上りの両方が必要になる。

ダート1600m(新1:39.9 未1:38.9 ①1:37.9 ②1:36.8 ③1:36.4 op1:36.1 重賞1:35.6)
芝スタートで約150m(外枠は約180m)芝部分を走る。最初のコーナーまでの距離は約640mと長く、芝スタートもあり前傾ラップになりやすく時計も早い。スローペースにならなければ差しが届きやすいコース。クラス毎に前後半ともにラップ差の出やすいコースで昇級まもない馬は能力無いと即通用とはなりにくい。

ダート2100m(未2:13.7 ①2:12.0 ②2:11.2 ③2:10.3 op2:09.9)
ゴール前の坂上スタートでコーナーまでの距離は約240m。前後半のラップは同じぐらいになる事が多く、直線の上りというよりは長く脚を使えるタイプに向く。

中山コース特徴(右回り)

芝=直線310m、高低差5.3m。ゴール前は勾配のきつい2.4mの急坂。
ダート=直線308m、高低差4.5m。

芝外1200m(新1:10.0 未1:09.7 ①1:09.0 ②1:08.7 ③1:08.3 op1:08.3 重賞1:07.8)
スタートは外回り2コーナーの出口付近。スタートしてすぐに下り、内外合流地点からゴール前の急坂まで平坦か緩い下り勾配でスピードが出やすい。3コーナーも緩やかに進路を変えるだけの為、前傾ラップになりやすいが逃げ先行馬の押し切りが目立つ。勝負所である程度の位置にいないと厳しい為、ロスの大きくなる外枠はどうしても不利になりやすい。

芝外1600m(新1:36.8 未1:35.6 ①1:34.8 ②1:34.3 ③1:33.8 op1:33.7 重賞1:33.6)
最も高い地点にある1コーナー横のポケットからスタート。最初のコーナーまでの距離は240mと短く、コーナー角度も厳しい為、外枠はかなり不利。最後の直線以外は下り又は平坦で緩やかなカーブが続くイメージの特殊なコース。ラップは最初から最後まで淡々と流れる事が多く内前での立ち回りが有利になる。

芝内1800m(新1:51.6 未1:49.9 ①1:49.0 ②1:48.5 ③1:48.0 op1:47.8 重賞1:47.7)
ゴール前の急坂途中からスタート。最初のコーナーまでの距離は約205mと短く1コーナーまで上りが続くため後傾ラップになりやすく内前での立ち回りが有利。2コーナーからゴール前の急坂までは下りと平坦。

芝内2000m(新2:04.9 未2:02.5 ①2:01.1 ②2:00.8 ③2:00.5 op2:01.0 重賞2:00.4)
正面直線入口付近からスタートし内回りコースを1周する。最初のコーナーまでの距離は405m。直線急坂から1コーナーまでは上り、2コーナーからゴール前の急坂までは下りと平坦。後傾ラップになりやすく基本は内前の立ち回りが有利だが2度の急坂でスタミナと器用さ求められる。残り600m標識は3コーナー付近にあり、差し追い込み勢は向こう正面途中からスパートをかけ始めスピードに乗って小回りのコーナーに入るため馬群は膨らみやすく外の馬はロスが大きくなる。後方からの馬は器用に長く脚を使うタイプが向く。

芝外2200m(未2:16.0 ①2:15.4 ②2:14.8 ③2:13.8 op2:13.3 重賞2:12.7)
2000mと同じ位置からスタートして外回りコースに入っていく。スタートから1コーナーまでの距離は432m。2コーナーから3コーナーにかけて終始下りが続くためスピードを落とす箇所がないまま4コーナーの急カーブ、直線の急坂へと入っていく。残り800mからペースアップしていく後傾ラップになる事が多く、基本は内前有利。特殊なコースの作りで得意不得意が分かれる舞台。隊列は長くなる事が多く、離して逃げるタイプの馬にも注意必要。

芝内2500m(①2:35.2 ②2:34.9 ③2:34.5 op2:34.0 重賞2:33.2)
外回り3コーナー付近からスタートして内回りを1周するコース。スタートから4コーナーまでの距離は約200mと短く外枠は位置取りが難しい。長距離らしく序盤はゆったりとし、残り1000m辺りからペースアップしていくロングスパート戦のラップになる事が多く長く脚を使うタイプに注目。コーナー6回に急坂2回で器用さとスタミナの両方が必要。

芝内3600m(重賞3:46.5)
急坂の手前からスタートし内回りコースを2周する。コーナー8回、急坂2回に高低差の激しい小回り長距離戦という特殊なコース。序盤はスローで残り1000m辺りからペースアップしていく典型的なマラソンレースでスタミナはもちろん、内を立ち回る器用さも大事になる。

ダート1200m(新1:13.1 未1:12.4 ①1:11.5 ②1:11.2 ③1:11.0 op1:10.8 重賞1:09.8)
芝スタートに加えスタート地点が最高地点ですぐに下り坂となるため序盤のペースは速くなりやすい。4コーナーまで下り基調が続きスピードが緩まないまま直線へ。直線は短いがゴール前には急坂がありハイペースを追走するスピードと持続力が求められる。

ダート1800m(新1:56.9 未1:55.7 ①1:54.1 ②1:53.3 ③1:53.0 op1:52.4 重賞1:52.2)
スタートからゴール前の坂含め2コーナー手前まで上りが続くため序盤のペースは落ち着きやすい。2コーナー半ばから下りになりペースが徐々に上がっていく。ゴール前の直線が短い為、後ろからの馬も4コーナーではある程度の位置につけなければ厳しくなりロングスパート戦になりやすい。早めに動いて行ける機動力とスタミナが必要。

ダート2400m(①2:36.4 ②2:35.1)

ダート2500m(①2:42.5)

京都コース特徴(右回り)

芝内=直線328m、高低差3.1m。芝外=直線A403m、BCD398m、高低差4.3m。ダート=直線329m、高低差3m。

芝内1200m(新1:10.0 未1:09.4 ①1:08.8 ②1:08.6 ③1:08.4 op1:08.1 重賞1:08.0)
3コーナー周辺が丘状になっており序盤に上り下りがある。後半はほぼ平坦で直線が短いコース。基本的には内前が有利になりやすい。

芝外1400m(新1:22.1 未1:22.1 ①1:21.7 ②1:21.4 ③1:21.1 op1:20.9 重賞1:20.4)
バックストレッチ半ばから3コーナーにかけて上り坂で残り800m標識から急な下りに入っていく。4コーナーでは下りの勢いそのままにトップスピードで入っていくため馬群がばらけやすい。差し追い込み馬は進路が開きやすく力を発揮しやすい。

芝外1600m(新1:36.9 未1:35.7 ①1:34.4 ②1:34.2 ③1:33.7 op1:33.5 重賞1:33.3)
バックストレッチ半ばから3コーナーにかけて上り坂で残り800m付近に勾配の頂点。3コーナーから4コーナー途中まで急な下り坂で徐々に加速しながら直線に向かう。

芝外1800m(新1:49.8 未1:48.5 ①1:47.7 ②1:47.3 ③1:46.8 op1:46.6 重賞1:45.5)
2コーナー奥のポケットからスタートし最初のコーナーまで約900mと直線距離が長い。コーナー二つで直線も平坦のため時計が出やすい。

芝内2000m(新2:03.8 未2:02.0 ①2:00.9 ②2:00.6 ③1:59.4 op1:59.3 重賞1:58.6)
内回りコースを1周する。3コーナー周辺が丘状になっており、この下りを利用して3コーナーから4コーナーにかけて早めのラストスパートが直線の短いこのコースでは重要になる。若干内前が有利。

芝外2200m(未2:15.3 ①2:14.6 ②2:13.6 重賞2:13.0)
バックストレッチ半ばから3コーナーにかけて上り勾配になっており800m標識付近をすぎると急な下りになり勢いに乗ったまま4コーナーを回る。長く良い脚を使える事に加え切れ味も大事になってくる。

芝外2400m(未2:27.9 ①2:27.2 ②2:26.6 ③2:25.3 重賞2:24.6)
4コーナー奥のポケットからスタートし外回りコースを1周する。1コーナーまでの距離が長く先行争いは落ち着きやすい。道中はほぼ平坦で3コーナー付近の大きな起伏をいかにスタミナを温存して走れるかが重要。ゴール前も平坦で後ろの馬は早めのスパートが必要になる。

芝外3000m(重賞3:05.1)
3コーナー手前の上り坂からスタート。コーナー6回で内を回る立ち回りが有利になる。勝負所は2週目の800m標識からの下り坂で、ここまでスタミナを温存できているかが大事になる。

芝外3200m(重賞3:14.8)
基本は3000mのスタートを200m後ろに下げたコース。長距離戦でスタミナはもちろんだがゴール前は平坦で、それなりの切れ味も求められる。

ダート1200m(新1:13.2 未1:13.0 ①1:11.9 ②1:11.4 ③1:11.0 op1:10.3)

ダート1400m(新1:26.3 未1:25.7 ①1:24.8 ②1:24.2 ③1:23.8 op1:23.5)

ダート1800m(新1:54.8 未1:54.5 ①1:52.7 ②1:51.9 ③1:51.0 op1:50.6 重賞1:50.1)
スタートから1コーナーまでの距離が短くコーナリング中に隊列が定まる事が多い事から外枠の先行馬は不利。3コーナー付近は芝同様に丘状になっているが傾斜は緩やか。下りから勢いをつけてスピードに乗って直線へ入る。直線短く前の馬が勢いそのまま押し切る事が多い。上りが速くなる事もよくある。

ダート1900m(未2:00.9 ①2:00.0 ②1:58.8 ③1:58.1 op1:57.2 重賞1:55.7)
3コーナー付近の下り坂で各馬加速に入り、その先は全力疾走のままゴールを目指す。早めのスパートを強いられるコース形態になっており上りがかかる展開になりやすくスタミナも求められる。

阪神コース特徴(右回り)

芝内=直線A356.5m、B359.1m、高低差1.9m。芝外=直線473m、高低差2.4m。ダート=直線352m、高低差1.6m。

芝内1200m(新1:10.8 未1:09.9 ①1:09.3 ②1:08.8 ③1:08.7 op1:08.1 重賞1:07.6)
ゴール前の坂以外が全体的に下り傾斜で内回りにしてはコーナーも大きくスピードを落とさず回れる。半分ぐらいをコーナーが占めるコースで器用さのある内前の馬が残りやすい。

芝内1400m(新1:22.8 未1:21.8 ①1:21.5 ②1:21.0 ③1:20.9 op1:20.9 重賞1:20.7)
スタートから3コーナーまでは距離も長く平坦のためペースは速くなりやすい。内回りだがコーナーの半径は大きく3コーナーから下り勾配になっている。直線半ばまで下りが続きスピードに乗ったまま最後の坂へ。マイラー、スプリンターともに力を発揮しやすいコース。

芝外1600m(新1:36.3 未1:35.5 ①1:34.4 ②1:34.0 ③1:33.7 op1:33.6 重賞1:33.4)
スタートから4コーナーまでがほぼ平坦でコーナーもゆったりしている為、ペースは速くなりやすい。残り600m付近から下り坂のため直線に入る前にペースアップしてゴール前の坂へ向かっていく。先行馬はペースを落とせないとスピードで押し切るのは難しい。

芝外1800m(新1:49.2 未1:47.7 ①1:47.2 ②1:46.8 ③1:46.5 op1:46.4 重賞1:46.2)
スタートから最初のコーナーまで長く、ほぼ平坦の為ペースは速くなりやすい。残り600m付近から下り坂で4コーナーからペースが上がっていく。道中が平均的に速くなりやすく、どこかで脚を溜めないと最後の坂で厳しくなるので折り合いは大事になる。

芝内2000m(新2:03.1 未2:02.0 ①2:01.0 ②2:00.4 ③2:00.3 op1:59.9 重賞1:59.1)
スタートしてすぐに坂があり上りきるとすぐに小回りの1コーナーへ突入する為ペースは上がりにくい。3コーナーから緩やかな下りでじわじわペースが上がっていきスピードに乗ったまま直線へ。ゴール前の直線は長くないので早めに動ける良い脚を長く使えるタイプが狙い。

芝内2200m(未2:14.6 ①2:14.2 ②2:13.8 ③2:12.9 op2:12.0 重賞2:11.3)
外回り4コーナーの出口付近からゴール前の坂を2回走り内回りを1周するコース。3コーナーから直線半ばまで緩やかな下りが続いておりラストスパートが早めに始まる事が多い。切れ味より長く良い脚を使えるタイプの好走が多くなる。

芝外2400m(未2:28.5 ①2:28.2 ②2:27.3 ③2:26.8 op2:25.3 重賞2:25.0)
スタートしてすぐにゴール前の坂がありペースは落ち着きやすい。4コーナーの残り600m付近から下り勾配になっておりここからペースが上がりやすい。ペースが落ち着いても基本は差し有利のコースで決め手の鋭さ、折り合いが大事。

芝外2600m(②2:39.4)

芝内3000m(重賞3:05.0)
内回りコースを1週半、コーナーを6つ回る。下って上るを2回繰り返す形状で直線も短い為、切れ味よりもパワーとスタミナを求められる。

ダート1200m(新1:13.5 未1:12.9 ①1:12.0 ②1:11.5 ③1:11.0 op1:10.8)

ダート1400m(新1:26.4 未1:25.7 ①1:24.6 ②1:24.2 ③1:23.5 op1:23.2)

ダート1800m(新1:55.1 未1:54.6 ①1:53.0 ②1:52.3 ③1:51.8 op1:50.8 重賞1:49.9)
スタートしてすぐゴール前の坂を上り小回りの1コーナー、2コーナーへと入っていくためペースは落ち着きやすい。1000m標識付近の緩やかな下り勾配から徐々にペースアップし大回りの3コーナー、4コーナーとスピードに乗って回っていく。直線には2度目の坂があり長く良い脚を使えるタイプが狙い。

ダート2000m(未2:07.2 ①2:06.0 ②2:05.3 ③2:05.1 op2:04.2 重賞2:03.9)
4コーナー付近の芝ポケットからスタート。芝部分は短いが最初のコーナーまで距離がある為ペースは速くなりやすい。ゴール前の坂を2回上るスタミナが求められる。

中京コース特徴(左回り)

芝=直線412m、高低差3.5m。ダート=直線410m、高低差3.4m。

芝1200m(新1:10.0 未1:09.2 ①1:08.8 ②1:08.4 ③1:08.0 重賞1:07.4)
バックストレッチよりゴール前の方が直線が長い、1200mでは最長の直線があるコース。直線勝負になりやすいがスプリント戦なのであまり後ろで脚を溜めていると届かない。ただ先行して押し切るにも少し長めの距離をこなす力も求められる。

芝1400m(新1:22.7 未1:22.1 ①1:21.4 ②1:20.9 ③1:20.4 重賞1:20.3)
バックストレッチ半ばから緩やかな下りになっており直線入り口まで続く。オーバーペースになりやすく長い直線で差し追い込みが届くシーンが多くなる。

芝1600m(新1:36.7 未1:35.1 ①1:34.5 ②1:34.1 ③1:33.6 op1:33.6 重賞1:33.0)
1、2コーナー間のポケットからスタートし、すぐに2コーナーへ合流する為、外枠の先行馬は位置取りに脚を使わされる。バックストレッチ半ばから直線向くまでは下り勾配で息を入れられるポイントが無い。基本的には差し追い込みが有利なコースで瞬発力よりスタミナで差してくるタイプが狙い。

芝2000m(新2:03.9 未2:02.2 ①2:01.5 ②2:01.0 ③2:00.7 op1:59.8 重賞1:59.7)
急坂の途中からスタートで序盤のペースは上がりにくい。下り勾配のスパイラルカーブで直線の長さを考えれば差しが届きそうだが、中京の2000mは展開次第で前残りに注意が必要。

芝2200m(未2:14.7 ①2:14.4 ②2:13.5 ③2:12.7 op2:12.5)
4コーナー引き込み線からスタートしコースを1周する。ゴール前の急坂2回に加え坂を越えてからもバックストレッチ半ばまで上り基調が続くタフなコース。直線勝負になりやすいがスタミナ、器用さも重要になってくる。

ダート1200m(新1:13.2 未1:12.7 ①1:12.0 ②1:11.3 ③1:10.6)

ダート1400m(新1:26.5 未1:25.5 ①1:24.6 ②1:23.9 ③1:23.5 op1:23.1 重賞1:22.9)
スタートは2コーナー奥の引き込み線からで200m弱芝部分を走り緩やかな上りへ入っていく。バックストレッチ半ばから4コーナーにかけて緩やかな下りが続き芝スタートもあって前半のペースが速くなりやすい。ゴール前の直線はダートでは東京に次ぐ長さで先行押し切りはなかなか難しい。

ダート1800m(新1:55.7 未1:54.7 ①1:53.4 ②1:52.5 ③1:51.7 op1:51.4 重賞1:50.5)
坂途中からスタートし2コーナーからバックストレッチ半ばまでもう一度上り。そこから4コーナーまでは下りとなる起伏の激しいコース。直線は長いが展開次第で前残りもあり距離以上のスタミナ求められる。

ダート1900m(未2:01.9 ①2:00.3 ②1:59.5 ③1:58.3)

札幌コース特徴(右回り)

洋芝=直線A266.1m、B267.6m、C269.1m、高低差0.7m。ダート=直線264m、高低差0.9m。

芝1000m(①57.9)

芝1200m(新1:10.1 未1:09.8 ①1:09.3 ②1:09.2 op1:08.6 重賞1:08.2)
カーブが緩やかで半径が大きい為コースの半分程をコーナーが占める。ほとんど平坦で直線が短いので基本は前が有利。後ろからの馬はコーナー途中から動いていく器用さが求められる。

芝1500m(新1:31.1 未1:30.2 ①1:29.2 ②1:28.4 op1:29.9)

芝1800m(新1:52.4 未1:50.2 ①1:49.8 ②1:49.2 op1:48.9 重賞1:48.0)
スタートから最初のコーナーまでが短くペースは落ち着きやすい。全周がほぼ平坦な事に加えコーナーは半径が大きく緩やかなためスピードが落ちにくい。直線は短く基本は内前が有利。

芝2000m(新2:04.1 未2:02.1 ①2:01.7 ②2:01.5 ③2:01.0 op2:00.4 重賞1:59.8)
コース全般にわたって目立った起伏は無く平坦で4つのコーナーが全て大回りになっているのでペースは緩みにくい。他場の2000mと比べると緩急が少なく平均して速いペースで流れる為、距離延長組も能力でカバーしやすい。

芝2600m(未2:43.9 ①2:41.8 ②2:41.5 op2:40.2)

ダート1000m(未59.3 ①59.1 ②58.5)

ダート1700m(新1:48.2 未1:46.8 ①1:45.9 ②1:45.3 ③1:44.6 重賞1:43.6)
全周にわたってほぼ平坦。最初のコーナーまで距離が短くコーナーが大回りの為、先行争いが1コーナーに突入する事も。先行争いが激しくなると道中息を入れるとこがないため最後に厳しくなる。基本的には内前の立ち回りが有利。

ダート2400m(未2:36.3 ①2:35.0)

函館コース特徴(右回り)

洋芝=直線AB262.1m、C264.5m、高低差3.5m。ダート=直線260m、高低差3.5m。

芝1000m(新57.7)

芝1200m(新1:10.5 未1:09.8 ①1:09.5 ②1:09.2 ③1:08.9 op1:08.9 重賞1:08.7)
スタートから3コーナーと4コーナーの中間まで緩やかな上り勾配が続き、洋芝という事も有り前半は数字以上にタフな流れに。ただゴール前の直線は短く4コーナー途中から緩やかな下りになっているため基本は前が残りやすい。

芝1800m(新1:51.7 未1:49.4 ①1:49.0 ②1:48.9 op1:47.9)

芝2000m(未2:02.2 ①2:01.9 ②2:01.5 重賞2:00.4)
スタートから2コーナー付近までが平坦か下り勾配でそこから4コーナーにかけて緩やかな上り勾配となる。前半の下り部分でペースが速くなるとパワーを要する洋芝で上りがかかる展開に。直線短く基本は前が有利。

芝2600m(未2:43.1 ①2:42.6 ②2:42.5)

ダート1000m(新59.8 未59.4 ①58.7 ②58.3)

ダート1700m(未1:46.6 ①1:45.5 ②1:44.7 op1:43.3)

ダート2400m(①2:34.2)

福島コース特徴(右回り)

芝=直線A292m、B297.5m、C299.7m、高低差1.9m。ダート=直線295m、高低差2.1m。

芝1200m(新1:11.1 未1:10.2 ①1:09.0 ②1:08.8 ③1:08.3 op1:07.8)

芝1800m(新1:51.5 未1:49.4 ①1:48.0 ②1:47.3 ③1:47.2 op1:46.8 重賞1:46.6)
上り坂→緩い下り→上り→平坦→下り→ゴール前の上り坂と細かい起伏が続くコース。小回りコースで基本は内前が粘り込みやすい。

芝2000m(新2:04.1 未2:01.5 ①2:00.8 ②2:00.3 op2:00.0 重賞1:59.2)
4コーナー奥のポケットからスタートし1周する。緩やかだが下りと上りが連続する独特のコース形態。小回りで直線が短いため基本は先行有利。3、4コーナーはスパイラルカーブ。

芝2600m(未2:42.2 ①2:40.8 ②2:39.5)

ダート1150m(新1:09.1 未1:09.1 ①1:08.9 ②1:07.8 ③1:07.7 op1:07.2)

ダート1700m(新1:48.4 未1:47.5 ①1:46.5 ②1:45.6 ③1:44.7 op1:44.5)

ダート2400m(①2:35.2)

新潟コース特徴(左回り)

芝内=直線358m、高低差0.8m。芝外=直線658.7m、高低差2.2m。ダート=直線353m、高低差0.6m。

芝直1000m(未55.9 ①55.2 ②55.4 ③54.9 op54.9 重賞54.1)
1000直の高低差は1m。スタート直後に緩やかな上りから下りで後半はほとんど平坦。馬場が傷んでいない外ラチ沿いを走る方が有利。

芝内1200m(新1:11.0 未1:09.4 ①1.09.2 ②1:08.7)

芝内外1400m(新1:23.3 未1:22.5 ①1:21.6 ②1:20.9 ③1:20.8 op1:20.8)

芝外1600m(新1:36.3 未1:35.1 ①1:34.5 ②1:34.0 ③1:33.7 op1:33.0 重賞1:32.5)
2本の長い直線と急なコーナーで構成されたコース。最後の直線が長い為、前半は1600mにしてはペースが落ち着きやすく直線での切れ味勝負になりやすい。野芝100%でスピード出やすい。

芝外1800m(新1:49.5 未1:47.9 ①1:47.7 ②1:46.7 ③1:46.1 op1:45.5)

芝外2000m(新2:05.9 未2:01.9 ①2:00.5 ②1:59.0 ③1:58.7 重賞1:58.1)
ワンターンの2000mという特殊なコース。バックストレッチ中盤から4コーナーにかけて緩い上り下りがあり直線は平坦でJRA最長。コーナーが少なく馬群がばらけにくい為、直線は横に広がっての瞬発力勝負になりやすい。野芝100%でスピード出やすい。

芝内2200m(未2:14.8 ①2:14.5 ②2:13.8 ③2:13.3)

芝内2400m(未2:28.0 ①2:27.5)

ダート1200m(新1:12.9 未1:12.1 ①1:11.4 ②1:10.9 ③1:10.4)

ダート1800m(新1:55.8 未1:54.3 ①1:52.9 ②1:51.8 ③1:51.6 op1:50.7 重賞1:50.7)
2本の長い直線に角度のきついカーブで構成されたコース。直線はそれなりに距離があるもコーナーで外を回すと厳しくなるので器用な立ち回りも求められる。

ダート2500m(①2:41.4)

小倉コース特徴(右回り)

芝=直線293m、高低差3m。ダート=直線291m、高低差2.9m。

芝1200m(新1:09.7 未1:08.9 ①1:08.4 ②1:08.1 ③1:07.7 op1:07.7 重賞1:07.4)
スタートからゴールまで緩やかな下りと平坦しかないコースで速い時計が出やすい。基本的には逃げ先行が押し切りやすい。夏場は野芝100%でスピード出やすく、冬場は洋芝とのブレンドになる。

芝1700m(①1:40.8)

芝1800m(新1:50.4 未1:48.4 ①1:47.8 ②1:47.2 ③1:46.3 op1:46.1 重賞1:45.1)
1コーナー手前から上りがあり2コーナーを過ぎてからは平坦か下りになっている。3コーナー付近に600m標識があり、この辺りから各馬スパートに入る。3、4コーナーはスパイラルカーブになっておりスピードは出しやすく末脚の持続力が求められる。基本は内前が有利。夏場は野芝100%でスピード出やすく、冬場は洋芝とのブレンドになる。

芝2000m(新2:02.6 未2:01.1 ①2:00.2 ②1:59.8 ③1:59.1 重賞1:58.2)
1コーナー手前から2コーナーにかけてが唯一の上り勾配で、それ以外は下りか平坦になっている。前半のペースは落ち着きやすく速い上りでの勝負になる事が多い。夏場は野芝100%でスピード出やすく、冬場は洋芝とのブレンドになる。

芝2600m(①2:41.3 ②2:39.2)

ダート1000m(未58.9 ①58.4 ②58.1 ③57.6)

ダート1700m(新1:47.7 未1:46.6 ①1:45.3 ②1:44.8 ③1:43.7 op1:43.4)

ダート2400m(①2:33.8)

地方競馬特徴

JRAとの払戻率の比較から、おすすめ券種は単勝、馬単、三連単となる。
一部競馬場では多少の違いがあり、佐賀競馬は三連複〇、兵庫競馬は馬連〇、ホッカイドウ競馬はワイド◎で三連系は×となる。

ホッカイドウ競馬

帯広
ばんえい競馬専用の競馬場。

門別(右回り、直線330m、砂厚12㎝)
砂が厚く馬場も重め。気温があまり上がらないため一度、雨が降ると中々乾かずスピード出やすくなる事が多い。

岩手公営

盛岡(左回り、直線300m、砂厚11㎝)
高低差は4mあり地方競馬で唯一直線に急な上り坂がある。各馬の坂がある競馬場での成績には注目しておきたい。

水沢(右回り、直線200m、砂厚11㎝)
小回りコースで先行が圧倒的有利。スプリント戦でもコーナー4回。

南関東公営

大井(両周り、直線400m、砂厚10㎝)
直線は地方競馬最長。コースも広めで各馬実力が出しやすい。

川崎(左回り、直線300m、砂厚8.5㎝)
コーナーがきつく内が有利になりやすい。

船橋(左回り、直線308m、砂厚12㎝)
コーナーはスパイラルカーブで地方競馬にしては差しが届きやすい。

浦和(左回り、直線200m、砂厚10㎝)
小回りで砂も厚く先行が圧倒的有利。

金沢競馬場

金沢(右回り、直線236m、砂厚10㎝)
小回り平坦で先行が圧倒的有利。スピード競馬になりやすい。

東海公営

名古屋(右回り、直線240m、砂厚10~12?公式発表無し)
3、4角はスパイラルカーブ。

笠松(右回り、直線238m、砂厚9㎝)
小回り、向こう正面の緩やかな下りで先行が圧倒的有利。

兵庫公営

園田(右回り、直線213m、砂厚11~12㎝)
小回りで砂も厚く先行が圧倒的有利。外側の方が砂が浅くスピード出やすい。

姫路(右回り、直線230m、砂厚11㎝)
平坦でコーナーがきつく、砂も厚いので先行有利。

高知競馬場

高知(右回り、直線200m、砂厚11~14㎝)
外枠先行が有利だが意外と差し馬の台頭も有る。内ラチの砂がかなり深い。

佐賀競馬場

佐賀(右回り、直線250m、砂厚9㎝)
直線に緩い下りがあり先行有利。内側の砂が極端に厚い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました