2022年 ユニコーンステークス(G3)予想

予想

このブログでは馬券生活に挑戦し失敗した男が再挑戦を目指し予想や買い目等を紹介していきます。
発走前日の新聞購入時に掲載されている1番人気は本命にはしません。

2021年ブログ掲載予想最終成績
馬券的中率(9/31)29%
本命複勝的中率(15/31)48%

2022年 本命予想実績(過去10レース分)
◎レシステンシア 6番人気3着(ヴィクトリアマイル
◎メイショウハリオ 3番人気3着(平安ステークス
◎スタニングローズ 10番人気2着(オークス
◎ブレスレスリー 4番人気3着(葵ステークス
◎イクイノックス 2番人気2着(日本ダービー
◎パラダイスリーフ 1番人気6着(目黒記念
◎キングオブドラゴン 5番人気5着(鳴尾記念
◎ソングライン 4番人気1着(安田記念
◎ノースブリッジ 4番人気1着(エプソムカップ
◎プルパレイ 5番人気15着(函館スプリントステークス

出走馬(人気は前日新聞掲載時)

①ハセドン 56横山典 2番人気
②セキフウ 56Mデムーロ 8番人気
③コンバスチョン 56田辺 4番人気
④テーオーステルス 56団野 14番人気
⑤ペイシャエス 56菅原明 9番人気
⑥ジュタロウ 56武豊 3番人気
⑦リメイク 56福永 1番人気
⑧ロードジャスティス 56石川 12番人気
⑨スマートラプター 56石橋 15番人気
⑩インダストリア 56レーン 5番人気
⑪ヴァルツァーシャル 56三浦 6番人気
⑫バトルクライ 56戸崎圭 11番人気
⑬ティーガーデン 56ルメール 7番人気
⑭ビヨンドザファザー 56内田博 13番人気
⑮タイセイディバイン 56松若 10番人気

調教評価

S評価 該当無し

A評価 ⑦⑮

B+評価 ③④⑤⑨⑩⑪⑫⑬

B評価 ①②⑥⑧

B-評価 ⑭

C評価 該当無し

D評価 該当無し

消去過程/過去傾向

・無条件で該当馬消去

過去10年で前走日本の重賞、オープンで10着以下(0_0_0_15)
該当馬 ⑨⑮

・調教評価によって消去検討(●は該当するが残し)

過去10年で前走が芝(1_0_0_14)
該当馬 ❿⓭

過去10年で前走1300m以下もしくは1900m以上(0_0_1_10)
該当馬 ②❸

・調教不安で消去

該当馬 ⑭

予想印・買い目

◎ ヴァルツァーシャル
〇 リメイク
▲ バトルクライ
△ テーオーステルス
△ コンバスチョン
△ ジュタロウ

消去対象にならなかった馬を調教、陣営のコメント等を中心にグループ分け。
Aグループ(本命候補)④⑦⑪⑫ Bグループ(相手候補)①❸⑤⑥⑧❿⓭

本命にはAグループから⑪ヴァルツァーシャルを指名。⑫バトルクライと高木厩舎の2頭で悩みました。調教、適正等、鞍上以外は⑪の方がやや上と見て今回の予想とした。

Bグループから2頭相手選び。こちらも難解。本音で言えば④テーオーステルスは厳しいと思うので外してBグループから3頭選びたいところだが、いつもの基準からぶれたくないのでやむを得ず。
素直にダート実績で❸コンバスチョン。⑥ジュタロウに決めた。

馬連(6点) ◎→〇▲△ 〇→▲
3連単(16点) ◎→〇▲→〇▲△ 〇▲→◎→〇▲△

まとめ

このレースは距離延長組があまり結果が出ていない。
今年のメンバーではリメイクとテーオーステルスで、私は調教重視に予想をするので2頭ともに印を打ったが、正直どちらも厳しい気がしています。
リメイクは現状1番人気ですが、福永騎手も1600mがギリギリとコメントしており、完璧な騎乗が求められます。

相手選びで迷ったのは、ジュタロウとハセドン。ジュタロウは気勢面に難があり、ハセドンはポツンと最後方が心配(典ポツンとも言われている)。
先週本命のプルパレイが出遅れて包まれてしまったのが脳裏をよぎりジュタロウを買う事にした。

あまり結果の出ていない前走芝組からも重賞でそれなりに結果を出している3頭が参戦。
調教はタイセイディバインが一番だが、個人的に一番ダート適性がありそうなのはティーガーデンだと思っています。

最強競馬ブログランキングがinポイント反映しないのでバナーは省きます。


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました